性感染症の予防と対策

女性は無症状の性病が多いため、放置して不妊の原因になることも

遊んでいる男性、風俗産業で働いている女性だけが性病に感染すると言われていたのは昔の話で、コンドームを使用しない無防備なセックスや、フェラチオ、クンニリングスなどの類似性行為が広く行われている現在、セックスをする人ならだれもが感染する危険性があります。性病によってはディープキスやペッティングなどの行為でも感染します。

STDが原因で不妊症になった女性

性病の種類は多くありますが、10〜20歳代の約10%が感染しているとされるのが、性器クラミジア感染症です。この病気の怖いところは、男性で5割、女性では8割もの感染者に自覚症状が現れないので、いつも通りにセックスを繰り返して、感染者をどんどん増やしてしまうということです。

女性の場合、クラミジアの感染を知らないまま放置していると、子宮や卵管、骨盤内に感染が広がって、不妊や子宮外妊娠の原因になることもあります。

トリコモナス膣炎や淋病などは、かゆみをともない、おりものが増えることもあります。これらの性病は治療しない限り、膣内に生息し続けるだけではなく、子宮へと入り込み、不妊症などの原因になるから注意が必要です。

性器ヘルペス感染症では、性器の周囲に水ぶくれがたくさんできます。水ぶくれはやがて破れて潰瘍となり、ピリピリした痛みが現れます。一度治療しても、免疫力の低下などをきっかけとして何度も再発するのが、最大の特徴です。

体の構造上、女性は男性よりも性病に感染しやすい状態にあります。膣の内側が、感染に弱いやわらかい粘膜で覆われていて、子宮→卵管→卵巣と奥に進んでいく構造ですので、いったん感染すると、炎症が奥へと拡大してしまうのです。

また、男性は性器が目で見えるので病変を発見しやすいですし、かかる診療科も泌尿器科だから通院の際の心理的ハードルはそれほど高くありません。

一方、女性は病変が自分の目で確認しにくいため、発見が遅れがちなりますし、特に若い人には婦人科に行くのは恥ずかしいと考えるため、感染の被害が大きくなりがちです。

性病は、1つ感染すると皮膚や粘膜が傷つくのでほかの病気にもかかりやすくなるのが怖いところ。クラミジアや淋菌に感染するとHIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染するリスクは約5倍になるとされています。

先進国の中で唯一HIV感染者が増えている日本だからこそ、単なる性病と一言で片づけられない事態に差し掛かっています。

性病を予防するためには、特定のパートナー以外とのセックスを極力控えること、コンドームを正しく使用すること、そして膣内環境を清潔に保つことです。パートナーが変わったら婦人科で性病検査を受けることも大切です。


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015 性感染症の予防と対策 All Rights Reserved.