性感染症の予防と対策

ヨーグルトのような甘酸っぱい匂いがするオリモノが出るのは正常

「おりもの」は、女性の性器から出るさまざまな分泌物の集合体のことを指しており、医学的には「膣分泌物」または「帯下」といいます。おりものは、子宮内膜の粘液、子宮頸管の粘液、膣壁の分泌物や剥がれ落ちた古い細胞、バルトリン腺(膣口の左右にある分泌腺)・皮脂腺・汗腺からの分泌物などが混じり合っています。

正常なおりものは、主に子宮の出口近くから子宮頸管のあたりでつくられます。ほかに膣の粘膜やバルトリン腺などの腺組織でもつくられています。どこかに溜まることなく、そのまま下りてくるので、"おりもの"なのです。子宮内腔に感染を起こしたり、子宮体がんなどの場合は、子宮の中からおりものが出てくることもあります。

おりものは中に含まれている善玉菌の働きによって、膣内を弱酸性に保っています。これによって雑菌の侵入を防いでいるのです。また膣内の不要物を外に排出するという役割も担っています。排卵の時期にはおりものが増えますが、これによって精子が子宮内に入りやすくなり、受精しやすくなるという役割もあります。

おりものと女性ホルモンには密接な関係があります。エストロゲン(卵胞ホルモン)が増えるとおりものも増え、プロゲステロン(黄体ホルモン)が優位になると減ります。つまり、月経周期に合わせて量や性状が変化するのです。

一般的には生理直後のおりものは少なめで、さらりとした状態です。その後、排卵に向けて徐々に量が増え、排卵期にピークを迎えます。ドロッとして糸を引くような粘り気が出ます。また月経前には臭いが少し強くなることもあります。

正常なおりものの色は、透明もしくは透明がかった白色です。下着に付着して乾くと黄色っぽく変色しますが、これは正常な状態ですので病気などを疑う必要はありません。

「おりものが臭い」と気になる女性は少なくありませんが、膣内にはデーデルライン桿菌と呼ばれる善玉の乳酸棹菌がいて雑菌から膣を守っているので、ヨーグルトのような甘酸っぱい匂いがするおりものが出るのは正常です。おりものは空気に触れると雑菌が繁殖しやすくなるので、膣外に出るとある程度臭いが強くなるのは自然なことなのです。


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015 性感染症の予防と対策 All Rights Reserved.