性感染症の予防と対策

デリケートゾーンのかゆみを訴えて婦人科を受診する女性は多い

婦人科を受診する患者さんの悩みで多いのは、「アソコ(性器)がかゆい。なにか病気なんでしょうか?」というものです。かゆみの原因はカンジダ膣炎、膣トリコモナス症などの性病をはじめ、下着やナプキンによるムレや摩擦、石鹸などによる刺激、セックスやタンポンなどによる刺激、糞尿による汚染など原因はさまざまです。性器がかゆいときは、自然治癒を待つのではなく、きちんと洗浄し、治療を受けることが大切です。

外陰部を清潔にして細菌の繁殖を抑える

かゆみが現れた時にまず心がけたいのは、デリケートゾーンを清潔にして、風通しを良くすることです。下着は化学繊維のピッタリとしたショーツを止めて、コットンにしましょう。ピチピチのジーンズやストッキングは蒸れる原因となります。紙ナプキンを布ナプキンに替えるのも効果があります。

お風呂で洗う際は石鹸を使わないようにしましょう。蚊に刺された場所を掻き毟ると、その刺激でますますかゆくなるという悪循環が起きますが、石鹸の刺激は強すぎるため、かゆみの症状を悪化させてしまいます。お風呂で洗うときはぬるま湯で流して自然に乾かしましょう。冷水や熱いお湯も刺激になるためNGです。

膣は本来、善玉菌のデーデルライン桿菌による自浄作用があるため、洗う必要はありませんでした。しかし、睡眠不足やストレス、偏った食生活などで免疫力が低下しがちな現代の女性は、時々ビデ(膣洗浄)で洗ってあげた方が膣のためにはよいという考え方が増えてきています。

ビデを使うと雑菌と一緒に善玉の金まで減少させてしまうという理由で、日本ではまだまだビデは浸透していません。しかし、膣を洗浄することによる菌の減少は一過性のものです。そのあと徐々に、善玉菌は増えていきます。

我慢できないほどのかゆみがあるときや膣の内側までかゆいときは、性病の原因となる細菌や、大腸菌などの一般細菌に感染している可能性が高くなります。ぬるま湯で洗ったり、携帯用ビデを使用しても痒みが治まらない場合は婦人科で医師に診てもらいましょう。

カンジダ膣炎はアソコのかゆみを引き起こす性病の代表です

風邪と同様に、女性ならば誰でも罹る可能性がある感染症として、カンジダ膣炎と細菌性膣炎が挙げられます。なかでもカンジダ膣炎は、膣の強いかゆみやボロボロとしたおりものが特徴的な症状となっています。

カンジダ膣炎にかかりやすい最大の理由は、健康な人でも口や膣、消化器官にカンジダ菌が生息しており、普段は何の害もないものの、膣内の環境が悪くなると雑菌や大長期などと一緒に増殖をはじめるからです。

膣の内側はデーデルライン桿菌で酸性に保たれており、雑菌などから膣を保護しているのですが、生理の前後や、過労・ストレス、抗生物質の服用などで体の免疫力が低下していると、この自浄作用が低下するため、菌の感染を起こしやすくなってしまうのです。

カンジダ菌は、水虫と同じ白癬菌の一種で、不潔で蒸れているところを好みます。したがって、ナプキンを長時間交換しない、オリモノが多くて股が湿っぽい、体にピッタリの下着やパンストを着用して、膣や外陰部が蒸れやすい環境になっている女性は要注意です。

生理前にホルモンバランスが崩れて、カンジダ膣炎になる女性もいます。それを「彼氏とのセックスで移されたんじゃないか?」とか勘違いする人もいますが、カンジダ菌のことを正しく理解してれば、その対策もわかります。膣の感染症は、膣を清潔な状態に保っていれば予防できます。


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015 性感染症の予防と対策 All Rights Reserved.