性感染症の予防と対策

近年のSTD(性病)は自覚症状に乏しいため、感染が拡大しています

セックスによって移る性病が、若い男女に流行しています。過去に複数の人とコンドームを使わずにセックスをしているのに、「自分だけは大丈夫」という根拠のない自信を持っている方は少なくないようです。

若いカップルは検査を受けよう

しかし、性病は「風俗で遊んでいる」あるいは「危ないプレイをしている」人だけが感染する病気では決してなく、たった1回のセックスで誰もが感染するリスクのある病気なのです。今は特定の相手とセックスをしていても、互いに過去の相手から感染して既に移っている可能性があるので、油断は禁物です。

性病の中でも特に感染者数が増加しているクラミジア感染症は自覚症状が乏しいため、移っても気が付かないため知らない間に自分が感染源になっていることも…。また、一つの性病の感染がほかの性病の感染のきっかけになることがあるので、不安がある人は必ず病院(男性は泌尿器科、女性は婦人科が一般的)で検査を受けましょう。

また、20〜30歳代に増えている子宮頸がんは、性病の一つである尖圭コンジローマを引き起こすウイルスと同じHPV(ヒトパピローマウイルス)の仲間が原因で、主にセックスで感染するとされています。一度でもセックスの経験のある人は、年1回は子宮頸がん検診を受けましょう。

性病の原因は主にウイルス・細菌・原虫です。性器同士の接触や分泌物を介してうつるので、コンドームなしのセックスで感染率が高まります。そのほか、「最近おりものが増えた」「おりものの色やにおいが変」「外陰部がかゆい、痛い」「外陰部に水ぶくれやイボができた」「セックスや排尿時に痛みがある」「セックスの後、性器から出血した」などの症状が1つでも当てはまったら感染の可能性があります。

代表的な病気の感染経路と症状

性病の種類によっては、性器ヘルペスや膣カンジダのように免疫力が持ちると再発を繰り返したり、クラミジア感染症や淋菌感染症のように不妊の原因になるものもあります。

不特定多数のパートナーを持たない

また性器同士の接触がなくても、フェラチオで口から性器、性器から口へと感染するものもあれば、尖圭コンジローマのようにペニスや肛門などにできたブツブツに指で触れて感染することもあります。以下に主な性病の症状と原因を掲載しておきます。オリモノの異常、膣のかゆみ、排尿痛などのサインを逃さないようにしましょう。

クラミジア感染症
男女ともに感染者数が最も多い性病で、特に10〜20代で増加傾向にあります。おりものの量の増加やにおいの変化などが代表的な症状ですが、女性の8割は無症状とされています。進行すると炎症が子宮頸管から卵管などに拡大して不妊の原因となるの恐れもあります。

淋菌感染症
セックスやオーラルセックスが主な感染経路で淋菌に感染します。女性の多くは自覚症状がありませんが、外陰部のかゆみやオリモノの増加がみられることもあります。放置していると子宮外妊娠や不妊症の原因になります。クラミジアと同時感染している人も多いため、婦人科の検査の際には必ず両方を調べます。

HIV感染症(エイズ)
主にセックスを通じてHIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染します。感染初期に風邪に似た症状が現れるものの、その後は無症状のまま進行します。ウイルスが免疫機能を破壊すると、トキソプラズマ症、ニューモシスチス肺炎、結核、カンジダ食道炎などさまざまな感染症(日和見感染症)を併発し、死に至ることもあります。現在、ウイルスの増殖を抑えることで免疫力を回復させる薬はありますが、完全に治す薬はありません。

膣カンジダ症
カビの一種であるカンジダ菌が原因で発症します。症状としては、酒粕のような白くぼろぼろとしたおりものや、外陰部のかゆみが現れます。カンジダ菌自体は健康な人の皮膚や消化管に存在しており、免疫力の低下などをきっかけに活動を活発化させ、不快な症状を引き起こします。何度も再発することがある性病です。

性器ヘルペス
単純ヘルペスウイルスに感染して、性器に痛みを伴う水疱(水ぶくれ)や潰瘍ができます。喉に感染した女性がオーラルセックスで男性に移すこともありますし、男性が感染者ならオーラルセックスで女性の喉に移してしまうこともあります。根治することはなく、過労や睡眠不足などが原因で免疫力が低下すると再発を繰り返します。出産時に妊婦さんが発症していると母子感染の恐れがあります。

トリコモナス膣炎
寄生虫の一種のトリコモナス原虫に感染して、黄色の泡状のおりものが出たり、性器に我慢できないほどの強いかゆみが現れます。セックスが主な感染源ですが、ごくまれに不衛生な公衆トイレの便座などでも感染する例が報告されています。

尖圭コンジローマ
ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染して、外陰部や肛門の周囲に先の尖った硬いイボが形成され、症状が進行すると鶏のとさかのような潰瘍ができます。性器以外の患部に指で触れて感染するので、コンドームは十分な予防になりません。

毛ジラミ症
外陰部に寄生するシラミが原因で、陰部に強烈な痒みを引き起こします。陰部同士の接触で容易に感染しますので、コンドームだけでは予防しきれません。

性病を予防するには、まずコンドームを着用することです。性病の最大の感染経路は性器同士の接触なので、コンドームはセックスの最初から最後までしっかりと装着しましょう。射精後は漏れを防ぐために、速やかに取り外すことも大切です。

また、複数のパートナーのセックスはそれだけ感染リスクを増大させます。信頼できるパートナーとだけセックスをし、パートナーが変わった際には婦人科で性病の検査をしましょう。不幸にして性病に感染した場合、パートナーも同じ病気の可能性が高いので、互いに感染を繰り返す「ピンポン感染」を防ぐためにも、二人で話し合って一緒に治療を受けましょう。


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015 性感染症の予防と対策 All Rights Reserved.